渥美商工会からのお知らせ

2016年10月21日

クラウドファンディング活用セミナー【愛知県】

愛知県では、クラウドファンディングの活用促進を図るため、県内中小企業等を対象としたセミナー「これで完璧!クラウドファンディングの仕組みと活用例」を県内2か所で開催します。
インターネットを活用した資金調達方法として注目されているクラウドファンディングの魅力等について、クラウドファンディング専用サイトを運営する事業者から、そのメリットや活用方法等を説明する他、昨年度、実際に本県の愛知県クラウドファンディング活用促進事業を活用して資金調達に成功した企業からの体験談などを紹介します。

 

日時
<名古屋>11月7日(月)午前10時から午前11時45分まで
<豊 橋>11月10日(木)午後3時から午後4時45分まで

会場・定員
<名古屋>愛知県産業労働センター(ウインクあいち)18階セミナールーム(定員90名)
(名古屋市中村区名駅四丁目4番38号)

<豊 橋>豊橋商工会議所 4階会議室(定員60名)
(豊橋市花田町字石塚42-1)

内容・講師(予定)
【第一部】(名古屋・豊橋共通)
「愛知県クラウドファンディング活用促進事業の取組みについて」
説明:愛知県産業労働部中小企業金融課

【第二部】(名古屋・豊橋共通)
「これで完璧! クラウドファンディングの仕組みと活用例」
講師:ミュージックセキュリティーズ株式会社
西日本支社長 杉山 章子(すぎやま あきこ)氏

【第三部】
「資金調達成功企業からの体験談」
報告:昨年度の愛知県クラウドファンディング活用促進事業において事業資金の調達に成功した企業

<名古屋>
①株式会社タクセイ(一宮市)「味香り一番 ごま屋ファンド」
②有限会社伏谷商店(名古屋市)「ニッポンの提灯 あかりファンド」

<豊 橋>
①株式会社おとうふ工房いしかわ(高浜市)「国産大豆を守る 生産者応援ファンド」
②株式会社くればぁ(豊橋市)「高機能マスクbo-biファンド」

申込期限
平成28年11月2日(水)

 

開催案内・申し込み等詳細は→こちら

 

2016年10月19日

あいちワーク・ライフ・バランス推進運動2016【愛知県】

考えよう、働き方!目指そう、仕事と生活の好循環!

「あいちワーク・ライフ・バランス推進運動2016」では、下記の取組の内容(A〜H)のいずれか1つ以上に取り組んでいただける県内企業等を募集しております。
是非ともこの運動の趣旨にご賛同いただき、積極的にお申込みください。

募集期間
平成28年7⽉1⽇(⾦)から11⽉30⽇(⽔)まで

取組の内容
A. 11月16日(水)は定時退社に取り組みます。
(11月の第3水曜日は愛知県内一斉ノー残業デー)
B. 11月中で、16日(水)以外の日に定時退社に取り組みます。
C. 特定の日付や曜日に「ノー残業デー」の設定・実施に取り組みます。
D. 年次有給休暇の取得促進に取り組みます。
<具体例>●管理職による取得の呼びかけ
●プラスワン休暇、計画的付与制度、時間単位付与制度の活用
E. 多様で効率的な働き方に取り組みます。
<具体例>●短時間勤務やフレックスタイム制、テレワーク等の導入や利用促進
●業務手順の見直し、会議の削減・短縮
F. 育児や介護との両立支援に取り組みます。
<具体例>●育児・介護休業法に基づく社内制度の整備や利用促進
●男性の育児休業等の取得促進
G. メンタルヘルス対策に取り組みます。
<具体例>●メンタルヘルスケアに関する研修や情報提供の実施
●ストレスチェック及び面接指導の実施
H. 管理職や働く人の意識改革に取り組みます。

 

2016年10月17日

東三河ブロック商工会議所・商工会等交通安全宣言

「夕暮れ時の早めのライト点灯」、「夜間ハイビームを活用した運転」徹底のため、東三河商工会議所、商工会においても推進の宣言をしました。

運転者も歩行者も、若い方もお年寄りの方も、相手を思いやる心をもって、交通安全に努めましょう。

001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

去る10月17日、豊橋警察署5階講堂にて「東三河ブロック商工会議所等交通安全宣言式」が開催され、渥美商工会も以下のとおり宣言いたしました。

 

<早めのライト点灯・夜間ハイビーム運転推進宣言>

私たち、渥美商工会は、交通事故のない安心して暮らせる安全な田原市を目指し、

加盟事業所に対し、交通安全CSR活動の一環として、歩行者の交通事故防止のため

1夕暮れ時の旱めのライト点灯

1夜間ハイビームを活用した運転

 

の推進を働きかけ、この交通安全行動を広く市民に浸透させることを宣言します。

平成28年10月17目

渥美商工会
会長 石本健一

2016年10月14日

サイバー犯罪対策【愛知県警察本部】

Wi-Fi提供者の皆さん!
セキュリティ対策大丈夫ですか?

Wi-Fiを安全に提供するために

①悪用防止の措置を行いましょう
・SMS連携方式、SNSアカウントを利用した認証方式、利用していることの確認を含めたメール認証方式のいずれかの認証方式により、利用者情報を確認しましょう。
・提供するWi-Fiの悪用を防ぐために、機器の初期パスワードはそのまま利用せず、他に使用していない、複数の文字種を使った、十分な長さのパスワードを設定し、強固なものにしましょう。
・1回の接続により利用できる時間を制限したり、電波の強度を調整して意図したエリア内に限って利用可能とするなどの機能制限を行いましょう。

②利用者の安全を確保しましょう
・WPA/WPA2による暗号化を設定しましょう。
・Wi-Fiで接続されている端末同士の通信ができないようにしましょう。
・違法、有害情報のフィルタリングを実施しましょう。
・利用条件やWi-Fiの危険性、安全な使い方等について適切な情報の開示を行いましょう。

詳しくは総務省HP「国民のための情報セキュリティサイト」をご覧ください。

<参考資料>
サイバー犯罪対策通信第9号

H28年上半期におけるインターネットバンキングに係る不正送金事犯の発生状況等について

2016年10月04日

「人権を考える企業者のつどい」の参加者募集【愛知県】

愛知県では、人権意識に根ざした経営により、信頼された企業づくりを進めていただくことを目的として、現在は労働ジャーナリストとして執筆のかたわら講演・指導などを多数手がけておられる講師の講演等による「人権を考える企業者のつどい」を開催します。是非、御参加ください。

参加料は無料ですが、事前申込みが必要です。

1 日時
平成28年11月8日(火曜日)午後1時30分から午後4時

2 場所
愛知県産業労働センター(ウインクあいち)5階小ホール2
名古屋市中村区名駅4丁目4-38

3 内容
(1) 講演
「職場で即実践!各種ハラスメント解決法」
~ハラスメントとは何か?あなたの理解で大丈夫なのか?そんな疑問にお答えします!~
講師:金子 雅臣(かねこ まさおみ) 氏
一般社団法人 職場のハラスメント研究所 所長

(2) 映画
「自他尊重のコミュニケーションと職場の人権1 ハラスメントの視点から」
(企画・制作:東映)

4 参加料
無料

5 定員
150名(先着順)

詳細・お申込みは→こちら