渥美商工会からのお知らせ

2019年05月15日

渥美商工会第59回通常総代会開催

令和元年5月14日(火) 午後3時30分より福江市民館にて渥美商工会第59回通常総代会が開催され、提案された6議案すべて可決承認されました。

本年度の事業計画(基本方針・重点事業)については以下のとおりです。
詳細につきましては事務局までお尋ね下さい。

 

令和元年度 事業計画書

<基本方針>

我が国経済は、政府発表によるところ「輸出や生産の一部に弱さもみられるが、緩やかに回復している」とした中、「一部弱さもみられる」という文言を入れた事実上の下方修正は3年ぶりであり、中国や欧州経済の低迷、米中貿易摩擦などの海外の経済リスクや労働市場のひっ迫を背景とした人手不足の深刻化などが悪材料になるなど、全国的に低調な状態が続くと予想される。更に10月には消費税率が10%に引き上げられると同時に、軽減税率制度が実施されることによる景気不透明感が一層強まっている。
他方、省力化需要や公共投資の増加に加え、ラグビーワールドカップや東京五輪などの国内イベント、改元にともなう消費マインドの改善などが期待されているが、景況感は地域や業界、規模によって格差が生まれ、一様ではない。
これらのことから、地域の総合経済団体として商工会の根幹である経営改善普及事業、中でも中枢を担う「経営発達支援計画」については前年度末に採択され、今まで以上に伴走型支援による巡回窓口指導の役割が重要視されてくる。その中でも特に企業の事業計画策定や計画実現に向けた支援、商談会等による販路拡大を念頭に置き、きめ細かく対応できる支援体制の充実を図る努力を求められている。また、地域内景気動向を含む景況調査の実施も本年度の重要事業の一つに挙げられる。
更に昨年度より継続している温泉開発及び福江市街地活性化による観光を踏まえた地域づくりについても、本腰を入れて取り組む重要案件であることは言うまでもない。
このように、渥美商工会の果たす役割は大きく、地元中小企業者が活力を取り戻し、地域経済社会の新たな発展に向け、事業者が潜在的に抱える課題を解決し会員の満足度を向上していくことを柱として、地域住民にとって真に頼りとなる商工会を目指し、次のとおり事業計画を策定する。

<重点事業>

1経営発達支援計画の実施
採択初年度となる本年度は以下の計画を中心に実施。小規模事業者支援として、
①企業の事業計画策定支援及び計画実現に向けた伴走型支援
②商談会や展示会等による販路拡大
地域活性化に繋がる施策として、
③地域内景気動向を含む景況調査(アンケート)の実施
その他、渥美半島全域を踏まえた地域活性化を図るべく、福江市街地の再開発についての研究、温泉掘削後の観光まちづくりの研究

2巡回・窓口指導の推進・強化並びに会員増強
巡回訪問及び窓口指導の強化及び専門家を活用した、きめ細やかな経営支援サービスを提供し会員満足度の向上を図り、強いては会員増強、組織率の向上を図る。

3特産品販路開拓、貝づくし渥美の全国展開
観光部会を中心として開発した特産品シリーズ「渥美半島の恵みを食べてみりん。」及び、貝づくし渥美として開発した「渥美あさりの押し寿司」「大あさり半平太」のPRを強化し、継続的な事業展開を図る。

4組織並びに財政基盤の強化
支部活動並びに各部会活動の充実強化を図る。
会員への経営支援強化・地域貢献活動の強化のため、自己財源比率の向上を図る。

5税務対策事業の実施
記帳機械化事業の推進並びに税務・経理に関する相談指導の強化。

 

2019年04月26日

豚コレラは人に感染しません【愛知県】

消費者及び食品関係事業者の皆様へ

豚コレラは人に感染しません。

豚コレラは、豚・いのししの病気です。
豚コレラの人への感染は、国際機関(OIE:国祭獣疫事務局)の情報においても世界的に報告されておりません。

豚コレラにかかった豚のお肉が市場に出回ることはありません。豚肉は安全です。

豚は、と畜場法に基づき、全頭、都道府県等のと畜検査員が異常や疾病がないか検査しています。豚肉は、この検査に合格したものだけが市場に流通することとなっています。

問い合わせ先
【豚コレラの防疫対策についての相談窓口】
設置場所:農業水産局農政部畜産課
電話番号:052-954-6425

【食品の安全についての相談窓口】
設置場所:保健医療局生活衛生部生活衛生課
電話番号:052-954-6297

2019年04月22日

中小企業者総合支援補助金【田原市】

田原市内の産業の振興、地域経済の活性化を図るため、中小企業者を総合的に支援し、創業の促進、産業の裾野拡大、空き店舗解消、事業承継に繋げることを目的とした補助金です。
詳しくは交付要綱をよくご覧ください。
※平成31年度より事業承継に関する内容が新たに補助対象に追加されました。

<補助内容(概要)>

創業支援

市内において、創業又は第二創業する中小企業者に対して、備品購入費を支援します。

出店促進支援

市内の空き店舗を活用して新たに商業・サービス業を営もうとする方や規模拡大を図ろうとする方に対し、改装等の経費の一部を補助します。

6次産業化等促進支援

市内で生産などされる農畜水産資源を活用した新商品開発や販路拡大事業を支援します。

事業承継支援

市内の中小企業者が円滑な事業承継を図るため、専門講師の派遣、相談会の開催等により休業および廃業を抑制するための事業を支援します。

補助金額

補助対象経費(消費税抜額)の2分の1以内(各項目上限50万円、最大150万円)
例 新規創業者が空き店舗を活用し、飲食店を開店する。
備品   60万円(税抜き)×1/2=30万円
内装費  200万円(税抜き)×1/2=50万円(上限額)
補助総額 80万円
(注)補助金額は選考結果および予算額に応じて決定しますので、必ずしも申請額と同額を保証するものではありません。

募集期間

令和元年5月31日(金曜日)午後5時まで(必着)
(注)補助金交付決定後(令和元年6月下旬以降)事業着手

応募方法

交付申請書および必要書類に記入し、田原市役所商工観光課へ提出してください。

お問い合わせ

田原市商工観光課

電話:0531-23-3522 ファクス:0531-22-3817
電子メール:syoko@city.tahara.aichi.jp

提出書類等申請に関することは田原市ホームページ

2019年04月22日

防災・減災カレッジ

【主催 あいち防災協働社会推進協議会、あいち・なごや強靱化共創センター】
開催目的

南海トラフ地震などの大規模災害に備え、地域防災力の向上を図るため、県民一人ひとりの防災意識を高め、自分の身は自分で守る「自助」、地域住民がお互いに助け合う「共助」の取組を推進する防災人材を育成する。

開催時期

令和元年6月20日(木)から令和2年1月25日(土)までのうち計29日

会場

名古屋大学(名古屋市千種区不老町)
豊田市福祉センター(豊田市錦町1丁目1番地1)
愛知県西三河総合庁舎(岡崎市明大寺本町1丁目4番地)など

募集期間

令和元年5月13日(月)から6月3日(月)まで

詳細、参加申し込みはあいち・なごや強靱化共創センターHPまで

2019年04月16日

地球温暖化対策計画書制度に関する個別説明会【愛知県】

愛知県では、昨年度まで「県民の生活環境の保全等に関する条例」に基づき、温室効果ガス排出量の相当程度多い事業者に対し、排出抑制に向けた計画書及び実施状況書の作成・提出を義務付ける地球温暖化対策計画書制度を実施してきました。
この制度については、平成31年4月1日より「愛知県地球温暖化対策推進条例」(平成30年愛知県条例第45号)に基づく制度となり、従来の規定に加え、新たに県による計画書等の評価及び評価結果の公表、必要な助言の規定が盛り込まれております。
新たな制度の概要につきましては、平成31年3月に3回の説明会を開催したところです。
このたび、新たな制度や計画書等の記入方法、温室効果ガスの排出の抑制等に係る措置などについて、事業者ごとの個別説明会を開催します。
なお、1事業者30分の事前予約制とし、申込状況によっては、御希望に添えないこともありますので、あらかじめ御了承ください。

1 開催日時・場所等

第1回 2019年5月22日(水) 10時~16時30分(休憩時間を除く)
場所:愛知県東大手庁舎1階 あいち環境学習プラザ セミナー室
定員:20事業者

第2回 2019年5月27日(月) 10時~16時30分(休憩時間を除く)
場所:同上
定員:同上

第3回 2019年5月30日(木) 10時~16時30分(休憩時間を除く)
場所:愛知県西三河総合庁舎7階 704会議室
定員:同上

2 説明方法

参加申込書に記入のあった質問事項を中心に、県議員及び説明補助員である技術士(総合技術監理部門、環境部門)又はエネルギー管理士の資格を有する者から御説明します。

3 参加申込み

(1)申込方法
参加申込書に記入の上、メール又はファクシミリで申込先へ提出して下さい。

(2)申込先
愛知県 環境局 地久温暖化対策課 温暖化対策グループ
メールアドレス:ondanka@pref.aichi.lg.jp
ファックス番号:052-955-2029

(3)申込期限
5月7日(火)まで
※希望回・時間帯が重複した場合は、変更やお断りさせていただく場合があります。

4 参加決定の通知

5月15日(水)までに、参加申込みのあった事業者に、個別説明会の回・時間帯やお断りの通知をメール等でします。
なお、お断りさせていただく場合には、参加申込書に記入のあった質問事項について、後日でメール等でお答えします。

5 問合せ先

愛知県 環境局 地球温暖化対策課 温暖化対策グループ (藤田、加藤)
電話番号   :052-954-6242
ファックス番号:052-955-2029
メールアドレス:ondanka@pref.aichi.lg.jp

参加申込書(ワードデータ)

参加申込書(PDFファイル)

会場案内図(ワードデータ)

会場案内図(PDFファイル)

 

 

2019年04月10日

「まるッと!あいち」特産品・地場産品出展募集のご案内【愛知県商工会連合会】

愛知県商工会連合会は、県内商工会地域の特産品の販路開拓、拡大を図ることを目的に、県営名古屋空港ターミナルビル内アンテナショップに開設している「まるッと!あいち」の出展事業者を募集しております。
出展を希望される事業者、興味のある事業者は渥美商工会までご連絡下さい
(連合会報告が5月17日(金)までとなっていますので、お早めにお願いいたします)

出店要領

まるッと!あいちホームページ

2019年03月10日

豚肉は安全です【田原市より】

豚コレラは人に感染しません

豚コレラは、豚・イノシシの病気で、人に感染しません。
豚コレラの人への感染は、国際機関(OIE:国際獣疫事務局)の情報においても世界的に報告されてません。

豚肉は安全です

豚は、と畜場法に基づき、全頭、都道府県などのと畜検査員が異常や疾病がないかを検査しています。
豚肉は、この検査に合格したものだけが市場に流通することになっています。
安心で安全なおいしいたはらの豚肉をぜひお求めください。

詳しくは田原市ホームページをご覧下さい。

2019年02月10日

体験プログラム主催者大募集<たはら巡り~なで地域に活力を>

田原市の自然や産業、みなさんの得意分野などを体験プログラムとして集め、田原市を訪れたみなさんに提供する第2回「たはら巡り~な」を開催します。
「花・農業」「自然」など4テーマの田原市ならではの体験、人との交流などを通じて、この街の魅力を知ってもらえればと思います。
今回、このイベントで体験プログラムを主催していただける方を募集します。

詳しくは説明会チラシをご覧下さい。

2019年02月04日

4月8日は貝の日<48キャンペーン応募開始!>

大変お待たせいたしました~!

毎年大好評の48キャンペーン2019の応募が始まりました。

食べて泊まって大盤振る舞い!
4月8日一日限り・1組2名様(一泊二食付) 480円
4月8日一日限り・10食限定 48円ランチ

詳しくは↓をクリック!

2019年02月04日

オープンデータに関するアンケート調査にご協力お願いします!【愛知県】

【愛知県からのお知らせ】
愛知県では、オープンデータ推進にあたり、県が保有する行政データ等のオープンデータ化に関するニーズを把握するために、アンケート調査を行っています。

回答期限は、2019/2/28まで、所要時間は約10分です。

調査結果は、オープンデータの推進にかかる施策だけでなく、個人情報を含むデータの非識別加工による有償提供等、今後の県のデータ活用施策検討のインプットといたします。
オープンデータの推進は、企業・団体にとっても新規事業の創出につながる可能性がある取組です。

企業・団体の皆様には、ぜひアンケートにご協力下さいますよう、よろしくお願いいたします。

詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.pref.aichi.jp/soshiki/joho/opendata-needs.html